家族みんなで健康生活

僕がダイエット生活を始めたら、嫁も健康を気にし始めた。僕ほどでは無いが、嫁も結婚して以降は太った。口が裂けても本人には言わないが、うん、間違いなく太ってきている(笑)。

それも仕方が無いだろうな。いくら毎日家事をしている専業主婦とはいえ、毎日の運動量としては不足しがちだと思う。一時、エクササイズ系のDVDや本を購入してがんばっている時もあったが、長続きしなかった。僕がダイエットすると嫁に言ったとき「長続きするの?」と疑われたが、嫁の方こそ長続きしていないじゃないか(笑)。

でも、周りにダイエットをがんばっている人がいると触発されるみたいだ。ダイエットの成功ポイントとして「他人を巻き込んじゃおう!」というのもあるくらいだ。みんな一緒にがんばろうという集団心理でも働くんだろう。もしくは危機感? ダイエットを成功したという人に対して「おめでとう!」と思う反面で「いいなぁ」と羨ましがってしまう。そういう劣等感を避けたいとかもあるのかも。

脱毛ラボ9980円

子どもの健康のためにも

そんな心理戦はさておき、嫁も一緒になってダイエットや健康を気遣うようになったのは良いことだ。それに僕や嫁が体を気遣ってその知識にも詳しくなれば、子育てにも役立つからね。子どものうちから健康的な生活を送らせてあげるのが一番だ。

子どもがお菓子ばっかり食べていたら普通は親は注意するだろう。でも親がお菓子ばっかり食べていたら子どもに注意なんでしない、もしくはできないだろう。だって説得力が無いからね。そして子どもはお菓子ばっかり食べて不健康に育ってしまう。子どもはそれが当たり前の生活なので体に悪いことなんて思いもしないだろう。そして大人になって後悔するんだ。そういうのは可愛そう。

だからうちでは結構口酸っぱく子どもにあれこれ注意をしている。といっても、世間一般的に悪いことをしたら注意するというだけのこと。難しいことじゃない。でも健康に関しては少しばかり子どもに指摘が足りなかったと今では思う。僕も嫁もダイエットして健康の大切さを学び、その説得力を持って子どもにも健康を教えてあげるのが、今回のダイエットの裏目的って感じかな?

子どもを持ったら全ては子どもを優先した人生に切り替える。僕はそれくらいのことをするのが親の務めだと思うのだ。まぁ、娘が成人したらそのかわりこっちはまた自分勝手になってもいいかな? とかは思っているけども(笑)。