自転車通勤の毎日

起床はいつも7時ピッタリ。その時間には嫁はとっくに起きていて朝食を用意していてくれる。僕と娘は起きたら歯を磨いて着替えて朝食を食べるだけ。そして7時45分ごろに僕は仕事に向かう。

最近の通勤はダイエット目的の自転車通勤。以前職場の同僚からもらったマウンテンバイクを駆り、車の少ないのんびりした道をせっせと走っている。巷に増殖中の危なっかしいロードバイクみたいな走りは僕にはできないよ(苦笑)。

もう2週間もこのマウンテンバイク通勤をしているが、今のところ辛くて音を上げてしまうようなことは無い。通勤時間はクルマの時と比べて10分くらいしか増えていない。クルマでは8時に家を出れば間に合っていたが、自転車なら15分くらい早めに出れば余裕で間に合う。15分くらいだったら、睡眠時間が大きく削れるってほどでもないからね、眠気の方も大丈夫だ。それに自転車運転に慣れてくればクルマとの時間差はもっと減ってくることだろう。

二の腕ダイエット

自転車通勤ならではの工夫

強いて自転車通勤の難点をあげるとしたら、お尻への負担だ。僕は、恥ずかしながら痔持ち。お尻に食い込むマウンテンバイクのサドルはちょっと抵抗がある(苦笑)。ママチャリくらいの厚く広いシートなら快適そうなのだが、マウンテンバイクに付くのかな?

まぁ、その辺はおいおい調べるとして、自転車通勤で工夫しないといけないところは、荷物の運び方と汗だ。マウンテンバイクには前かごもキャリアもついていない。なので荷物はバックパックに入れて運ぶ。そのために専用のバックを購入した。定価1万5000円もするバックパックだ。背中部分に凹凸のパットが装着されていて蒸れないようになっており、お値段の分快適だ。容量は30L。職場に持っていく荷物程度なら十分だ。

それからスーツで通勤もできない。汗でびちょびちょになっちゃうからね。ジャージで通勤して職場でスーツに着替えている。そのため職場にはスーツを2~3着ほど常備しており、それを使いまわしている。Yシャツやタオルなんかも置いてある。

これくらいの工夫はしないといけないが、それでも自転車通勤は良いダイエット運動になる。雨が降った日はさすがに自転車には乗らないが、天気が良い日は今後も続けていきたいね。